おすすめのネイルケア

子分がカワイイだとどうにも一筋もハッピーになるので手立てのアフターサービスは力を入れるようにしています。

一層、手立てに魅力を与えていただけるハンドクリームですが、僕はさらにロクシタンのものとしてます。

色んな薔薇の空気のものがありますがロクシタンのローズの空気が一番高級感があって好きです。

毎度塗り付けるたびに癒されます。

魅力を与えてもらえるだけじゃなくて憂さ晴らし効果がある辺りもお気に入りです。

そうしたら毎日寝る前にハワイで買ったネイルオイルを塗っています。

中にちっちゃなお花が入っていて姿勢も非合理愛くるしいんです。

悪臭もすごく良くて癒されています。

おすすめのネイルケア

言いだし器用、聞き上手

現在、90年代のおばあちゃんとおしゃべりやる機会がありました。

病魔で入院していますが、しっかりしていて大いにお元気なヒューマンだ。

も、耳が遠くて瞳も悪いので、近辺へ寄って大きな声で話さなければなりません。

となりの女性は、おばあちゃんが何を言ってるか分からないと言います。

渡がおばあちゃんといったお話しした限りでは、課題の内容もじっくりしてるし、わからないことはないのです。

女性の容姿を見ていると、おばあちゃんと話す時も自分のペースでまくし立て、ライバルが話し出し締め括る前にまた語り押し流すので、そりゃ思い付かだろうなあ、と思いました。

コメントはお互いのリズムを揃えることが大事。

ライバルがお年寄りや子ならわたしが合わせるくらいの思いでいないとダメですね。

コミュニケーション能力が重視される昨今、どれだけ素材を持ってるかも大事ですが、ライバルの課題をしげしげと最後まで訊くことも大切だと再確認しました。

言いだし器用、聞き上手

蛍光光線が切れて買いに行った

昨日の夜の8ら居間の蛍光輝きが切れてしまったのでした。

お子さんが大騒ぎを通じていました。電気がつかないからプレイができないと言っていたんです。

わたくしはその「プレイができない」の申し立てにイライラしてしまったのでした。

「プレイなどできなくても宜しいだろう」と言い返してしまったのでした。

わたくしは近所の電気屋は再び終わって掛かるなと思って、近所の何でも売るおサロンが脳裏をよぎったので、そこまで自転車に乗っていって買ってこようといった

思いついたんです。

急いで蛍光輝きを買いに駆けました。

閉店ぎりぎりで間に合って買う事ができましたのでよかったです。

蛍光光線が切れて買いに行った

まったり休みはベーカリーちゃん巡りDEお散策

昨今、まったりした休日を届けることが目立ちまして・・・♪

なので、こういうのんびした間を有効に使えないかな〜?として始めたのが、お散策!

近所のことを知ることもできるし、アクション手薄攻略にもなるし、一石二鳥ですよね!

直ぐに歩き始めてみると、本当は近所にベーカリー君がたくさんあることを探知。

日頃落っこちる順路には、知らないおショップがあるものですね。

何とかベーカリー君を根こそぎ見つけたので、食べ比べなんかもしています★

王道クロワッサンや、おショップの特質がキラリって光るサンドイッチ、ほとんど特質が出るカレーパンなど。。

有名店のベーカリーもおいしいけれど、近所でふらっと立ち寄れるベーカリーって素敵ですよね!

休日の朝方は、お散歩してベーカリー君でモーニング!が、これからの常連になりそうです♪

まったり休みはベーカリーちゃん巡りDEお散策

ホットケーキの粉がある例年

スーパーでホットケーキの粉がディスカウントされてたら、何となく大勢買ってしまったのでこういうこと朝飯が四六時中ホットケーキだ。

やっぱ四六時中食べてるといった飽きてきちゃいますね。

最近はホットケーキ産地につぶしたバナナを混ぜてバナナホットケーキにしたり、粉とオリーブオイルを混ぜて焼いて(砂糖って卵は入れません!)甘さ控えめのクッキーとして食べてたり行なう。

クッキーはココアパウダーを混ぜてココアクッキーもおいしいんです!

もおいしくてふと食べ過ぎちゃうから目下ウェイトが…

久々にランニング続開してみようかな?

ホットケーキの粉がある例年

どんなものでも写し出すチェキ

私は最近チェキで写真を撮ることにハマっています。
初めてチェキを知ったのは、高校卒業後でした。
卒業した高校の学園祭で写真部の方に撮ってもらったのが初めてでした。
チェキで撮ったらすぐその機械から写真が出てきて、画像が浮かび上がってくることに衝撃を受けました。
それから約十年・・・。
ふとそのことを思い出し、ネットでチェキを調べたら、とっても可愛いキティちゃんのチェキがあり、思わず購入してしまいました。
懐かしい気持ちと、これから何を映していくかワクワクする気持ちが爆発しました。
どこへ行くにもチェキを持ち歩き、いろんな物や人、自分を撮っています。
チェキの魅力は、映し出される鮮明ではない色、レトロ感だと私は感じます。
たった今映し出した画像も、すぐに思い出に変わるような、胸をジーンとさせるような感じがとても好きです。
でも、夢中で撮ってしまうと、すぐフィルムがなくなってしまいます。
フィルムもそこそこ高いのがイタイですが、一瞬で思い出が形になって触れることを考えると、やっぱりフィルムも惜しみなく使ってしまいます。
今はスマホで写真もとってもきれいに写せる時代ですが、その中で少し古ぼけた感じに写すのも、またいいのではないかなと思います。

どんなものでも写し出すチェキ