筆ボールペン、上手に追い求めるだ。

昨今、キャリアしました。

新天地では仕事柄、筆鉛筆でキーワードを書くことが時々あります。

これがあたいには苦痛でたまりません。

と言うのも、はたしてあたい、字が悪賢いんです。

小学校の内から、「男性みたいな字」と言われてきました。

単に練習しなくても上手なクライアントはたっぷり巧みだ。

聞けば、父母がきれいな字を書くとの職場。

字も遺伝するんですね。

これまでは何でも端末でもらえる年代ですし、字が汚くても関係ないや、といった気楽に考えていたんですが、仕事を変えてからそうもいかなくなりました。

ずいぶん通信教育の筆鉛筆クラスも参加しようかと考えたのですが、原則これは教材に沿って練習して、誰かに添削してもらうだけです。

それなら自分で市販の教材を購入して教育するのと、同じではないでしょうか。

につき、書店で教材を購入しました。現在頑張って練習しています。

コメントは受け付けていません。