雑魚寝を楽しむ

私は内容、長々するのが自分勝手だ(苦笑い)。

冬場はうたたね、夏は雑魚寝を激しく決める。

夏は暑くて正しく布団をかけて眠ることができないからかもしれません。

オフは単に昼寝という進め方で朝方まで寝てしまうこともしばしばです。

朝方、起きると正に人体が厳しい時があります。

ごろ寝の延長で熟睡を取ってしまっているからだ。

夏は暑いので、寝付ける時に寝ておこうという考えからかもしれません。

気がつくと横になっている慣例はどうも遺伝のようです。

これからも雑魚寝、ごろ寝、うたた寝を至福の暇として楽しんでいきたいだ。

コメントは受け付けていません。